未分類」カテゴリーアーカイブ

ノバルティスの開発能力

ノバルティスは、研究・開発に力を入れている製薬会社なのだそうです。多くの製薬会社がある中で、ノバルティスとしての疾患領域の強みを活かしながら、病気で苦しんでいる患者のために、新しい薬を開発しているといいます。そして一刻も早く患者に届けるために、世界中でそれぞれ異なる研究・開発を行っているそうです。ノバルティスの日本法人でも進行している開発プロジェクトがあります。日本では、約30の開発プロジェクトを推進しているという話です。日本の医療現場で必要とされている、魅力的な医薬製品を提供するために、開発担当と営業担当がうまく連携をして、医療現場の声を聞くことに注力しているのでしょう。

ノバルティスの強みとして、強固な開発パイプラインが形成されている点があるでしょう。世界中で、ノバルティスのオリジナル新薬を開発しているといいます。多くの人が安心して利用することができて、高い効果を実感することができる、魅力的な新薬の開発に力を入れているのだそうです。安心して利用することができる新薬を開発するために、企業努力を積み重ねているといえるでしょう。新薬を待っている患者のためにも、オリジナルの開発パイプラインを駆使して、世界中に新しい薬を届けるために、日々研究者が一丸となって研究と開発に力を入れているのだそうです。

数ある製薬会社の中で、ノバルティスの開発パイプラインは強固なものとして知られています。世界中にある多くの製薬会社では、新薬を開発するための基盤があります。その基盤が強ければ強いほど、開発パイプラインが充実しています。ノバルティスも他社に負けないような、魅力的な開発パイプラインを揃えているのだそうです。他社と比較しても、ノバルティスの開発する環境が優れているとして、製薬業界に詳しい専門家のあいだでも、評判が良いようです。

全ては病気で苦しんでいる患者のために、ノバルティスができる医薬品の開発をすることによって、医療業界に貢献していきたいと考えているそうです。オリジナルの強固な開発パイプラインを活用しながら、約200のプロジェクトが世界で同時に進行しているようです。そこから承認された新薬や新製品が、医療の現場に提供されているのでしょう。ノバルティスの日本法人でも、積極的に新薬を投入していきたいと考えているといいます。世界各国で求められている医薬品が異なることもあります。そのために、ノバルティスは製薬会社としての使命を果たすため、国内のニーズがどこにあるのかを理解しなければいけないと考えているのでしょう。日本の医療現場や薬局、ドラッグストアなど、それぞれの提供する場所によって、どのような医薬品を提供するかを判断しなければいけないと捉えているのではないでしょうか。

ノバルティスのボランティア活動

社会貢献を積極的に行っているというノバルティスは、東日本大震災の被害があった宮城県と福島県を、継続的に支援してきたといいます。医薬製品を取り扱う製薬会社として何ができるかを考えて、被災地で困っている人を笑顔にするための活動を行ってきたそうです。ノバルティスでは震災直後から、さまざまな支援を続けてきました。社員も被災地で何をするべきかを明確にして、被災者と真剣に向き合ってきたといえるのではないでしょうか。被災地で苦しんでいる人を応援するために、ノバルティスが主催のさまざまなコンサートを行ったり、ノバルティスの本社があるスイスに被災地の中学生を招待する支援を行ったりしてきたようです。

現在でも有志の社員が、継続的に被災地でのボランティア活動を行っているそうです。震災直後と思いは変わらずに、製薬会社で働く社員として、自分達に何ができるのかをしっかりと考え、活動しているといいます。東日本大震災から7年経った今でも、ノバルティスの思いは変わらないといえるでしょう。長年にわたって患者や医療現場と深く関わってきた経験・ノウハウを活かしながら、ノバルティスとして求められている社会貢献活動を行っているように思います。福島県と宮城県の被災地におけるボランティア活動を続けた結果、合計で80回以上の被災地支援の活動をした実績を残しているようです。

ノバルティスのFacebook公式アカウントはこちら!

ノバルティスの社会貢献活動は被災地支援に留まらず、患者とその家族が安心して生活できるように支援をするプロジェクトも、長年にわたって提供してきたといいます。ノバルティスの「Life for Carer」プロジェクトは、患者を支える家族が負担を感じないように、介護と仕事を両立してほしいという思いが込められているそうです。介護や看護をする家族の負担はとても大きいものです。その負担を軽減させるために、製薬会社としてできることは何かを考えて、患者だけでなく支えている家族にも目を向けて、積極的にサポートするプロジェクトが「Life for Carer」です。

そのほかにも、世界規模で同時期に開催される社会貢献活動も行われているといいます。ノバルティスはグローバルテクノロジー企業だからこそ、毎年4月に世界中の社員が、それぞれの国と地域で求められていることを、社員が一丸となってボランティア活動などを行っているそうです。世界中のノバルティスの社員が参加する、大規模な社会貢献活動なのだそうです。このように社会貢献活動やボランティア活動に積極的な会社として、患者や医療現場だけに留まることなく、さまざまな地域の人たちと向き合いながら、社員にできることを形にしているのでしょう。

歴史があるノバルティス

世界展開しているというノバルティスは、歴史がある製薬会社なのだそうです。長年の歴史の中で培ってきた実績、ノウハウを十分に活かして新薬の開発をしているといいます。ノバルティス自体は、1996年の合併で誕生した会社なのだそうです。しかし、ノバルティスが合併する前の歴史は、250年以上前に遡ります。3つの会社との関わりがあり、染料を扱う貿易会社としてスタートしました。これは18世紀中ごろに、スイスで誕生した会社なのだそうです。その後は貿易会社に留まることなく、合成染料を生産する会社を設立したのです。そこから化学薬品製造部門が分離したのが、製薬会社のスタートラインになったといいます。そこからさまざまな新薬を開発し続けて、現在に至るのでしょう。今では世界中に支社を構えるようになったとのことで、グローバル企業として多くの患者や医療の現場と向き合っているといえるのではないでしょうか。

このように貿易会社からはじまっているというノバルティスは、3つの会社の特徴が受け継がれているそうです。今では、患者のために必要とされる医薬製品を提供することが求められているといいます。そのために社員が一丸となって、医学と科学の進歩のために、研究や開発を続けているそうです。そして、ノバルティスの医薬品を通じて、健康が増進されることを願っているのではないでしょうか。そこから人類が発展するために、ノバルティスができることを提供し、貢献していきたいと考えているそうです。常に求められている医薬品を提供することができるように、情熱を注いでいることが伺えます。250年以上の歴史と伝統がある会社だからこそ、1996年の合併をしたあとも、当時からのイノベーションを大切にしながら推進しているのではないでしょうか。

世界中で待っている患者のために、病気が治ったり症状が緩和されたりするように、ノバルティスの知識と技術を結集させて、既存の医薬品を日本でも提供しているといいます。そして日本でも、さまざまなプロジェクトが同時に進行しているそうです。病気によって提供される医薬品の種類は異なります。ノバルティスは他社との差別化を図りながら、自社で提供できるものを、確実に患者や医療の現場に届けているのでしょう。

歴史があるグローバル企業だからこそ、日本法人でも医療現場で多くの患者と向き合ってきたのではないでしょうか。それぞれの病気に応じて、有効性や安全性に関連する有益な情報を得ているとのことで、常に迅速に対応することができる体制が整っているそうです。スイスで歴史がはじまった製薬会社で、現在もさまざまな支社との情報を、世界中からいち早く収集・分析することができる体制が整っていることで知られています。その情報を、日本の医療関係者に提供することもできるそうです。その結果、医薬品の適正使用に貢献することが可能になるのではないでしょうか。

ノバルティスにとって必要なものとは

日本国内には、実にさまざまな製薬会社があります。本社が海外にある製薬会社の日本法人もあります。世界に支社があり、グローバル企業として知られているというノバルティスは、全世界で200以上の開発プロジェクトを展開しています。疾患領域も幅広く、がん、循環器系、呼吸器系、皮膚、眼科などの病気に対し、製薬会社の立場から患者と真剣に向き合っているといえるでしょう。世界中にノバルティスの薬を使っている人がいるといいます。自分の病気を治したい、早く元気になりたいと思っている人を、ノバルティスが開発した薬で、患者の病気を治療しているそうです。常に医療現場とお客様のために、自分達に何ができるかを考え、的確に医療現場に薬を届けているのでしょう。

ノバルティスには、優秀な人材が多く在籍しているようです。失敗を恐れず、さまざまなことにチャレンジして、会社に貢献しているという話です。常に社員同士で求められているミッションを意識しているのでしょう。そしてノバルティスだからできる科学的な根拠に基づいて、イノベーションを推進するための努力をしているのではないでしょうか。全ては薬を求めている患者のために、そして薬を必要としている医療現場に届けることを使命にしているそうです。多くの患者と共に発展し続けてきたというノバルティスは、新しいミッションを常にクリアするために、社員が一丸となって新しいイノベーションに積極的にチャレンジしているといえるのではないでしょうか。

世界中で展開しているグローバル企業だからこそ、常に各国の支社と連携をしながら、的確に必要とされている薬を患者や医療現場に届けることができるそうです。患者の病気が完治するまで、しっかりと向き合ってくれる製薬会社なのだそうです。そして、ノバルティスで扱っている薬は、疾患の症状を治すために貢献しているのだそうです。全ては患者のために、そして医療現場が発展するために、既存の薬だけでなく、現代の医学では難しいといわれている治療に必要な医薬品の開発にも、積極的に取り組んでいるといっても過言ではありません。

このようにノバルティスは、さまざまな形で医薬製品を必要としている患者や医療現場と向き合い続けてきたのだそうです。全てのお客様に満足していただけるように、自分達が何をするべきかを十分に考えているという話です。病気を完治させるために、ノバルティスとして何ができるかを真剣に考え、高いレベルで社員が一丸となり、関わる全ての患者と向き合っているのでしょう。そのために、製薬会社としてのコンプライアンスの徹底を心がけているのではないでしょうか。そして何よりも、日本の医療に貢献することを目的とし、ノバルティスが日本医療の発展に大きく関わっていきたいと考えているのでしょう。

ノバルティスが得意とする疾患領域

日本法人も展開しているというノバルティスは、日本の医療現場に自社の医薬品を提供しています。多くの患者が病気を治療するために必要な医薬製品を、ノバルティスが提供しているのだそうです。自社の医薬品を届けるため、ノバルティスでは幅広い疾患領域に対応する医薬品の提供を行う体制が整っていることで知られています。得意としている疾患領域は、循環器系、癌疾患、呼吸器系、中枢神経、肝臓系、皮膚系、眼科などで、これらの領域に力を入れているのだそうです。そしてこうした病気の患者に対して、魅力的な医薬品を提供していくことが求められているといいます。

ノバルティスでは既存の医薬品に留まることなく、新薬の開発にも力を入れています。日本法人でも、同時進行で約30の開発プロジェクトが進行しています。全てのお客さんに満足していただける新薬を開発するために、世界に拠点があるというノバルティスは、グローバルに開発パイプラインを構築しているそうです。この強みを活かしながら、ここでしか開発することができない、求められている医薬品を提供することを使命にしているのでしょう。

ノバルティスの強みとして、世界中で新薬開発のために活かされているという開発パイプラインは、数ある製薬会社の中でも強力なパイプラインのひとつとして認識されているそうです。多くの患者の病気を医薬品で治すための、新薬を開発する環境が整っているのでしょう。そのためにノバルティスの開発パイプラインは、医療業界に詳しい専門家のあいだでも、常に高く評価されているのだそうです。それほど新薬を開発するために、最適な環境があるということなのでしょうか。そしてこの開発パイプラインが充実しているからこそ、日本だけでなく、世界中のノバルティスの拠点で、約200のプロジェクトが同時進行で患者のための研究・開発が行われているといいます。

このようにノバルティスは、多くの患者のために、既存の得意とする疾患領域に対応している医薬品に留まることなく、常に充実している開発パイプラインを駆使しながら、新薬を開発しているといえます。日本でも開発プロジェクトが同時に進行しています。さらには、世界中で多くの開発・研究がされているそうです。それほど多くの患者や医療現場から支持されている製薬会社といえるでしょう。ノバルティスは健康に生活できるように、常に革新的な医薬品とアイディアを提供することができるといいます。そして、病気で苦しんでいる人を医薬品でサポートしてくれるそうです。ノバルティスが製薬会社として何ができるかを常に考えて、病気で苦しんでいる患者が必要としている医薬品を的確に提供することが求められているのではないでしょうか。