ノバルティスの開発能力

ノバルティスは、研究・開発に力を入れている製薬会社なのだそうです。多くの製薬会社がある中で、ノバルティスとしての疾患領域の強みを活かしながら、病気で苦しんでいる患者のために、新しい薬を開発しているといいます。そして一刻も早く患者に届けるために、世界中でそれぞれ異なる研究・開発を行っているそうです。ノバルティスの日本法人でも進行している開発プロジェクトがあります。日本では、約30の開発プロジェクトを推進しているという話です。日本の医療現場で必要とされている、魅力的な医薬製品を提供するために、開発担当と営業担当がうまく連携をして、医療現場の声を聞くことに注力しているのでしょう。

ノバルティスの強みとして、強固な開発パイプラインが形成されている点があるでしょう。世界中で、ノバルティスのオリジナル新薬を開発しているといいます。多くの人が安心して利用することができて、高い効果を実感することができる、魅力的な新薬の開発に力を入れているのだそうです。安心して利用することができる新薬を開発するために、企業努力を積み重ねているといえるでしょう。新薬を待っている患者のためにも、オリジナルの開発パイプラインを駆使して、世界中に新しい薬を届けるために、日々研究者が一丸となって研究と開発に力を入れているのだそうです。

数ある製薬会社の中で、ノバルティスの開発パイプラインは強固なものとして知られています。世界中にある多くの製薬会社では、新薬を開発するための基盤があります。その基盤が強ければ強いほど、開発パイプラインが充実しています。ノバルティスも他社に負けないような、魅力的な開発パイプラインを揃えているのだそうです。他社と比較しても、ノバルティスの開発する環境が優れているとして、製薬業界に詳しい専門家のあいだでも、評判が良いようです。

全ては病気で苦しんでいる患者のために、ノバルティスができる医薬品の開発をすることによって、医療業界に貢献していきたいと考えているそうです。オリジナルの強固な開発パイプラインを活用しながら、約200のプロジェクトが世界で同時に進行しているようです。そこから承認された新薬や新製品が、医療の現場に提供されているのでしょう。ノバルティスの日本法人でも、積極的に新薬を投入していきたいと考えているといいます。世界各国で求められている医薬品が異なることもあります。そのために、ノバルティスは製薬会社としての使命を果たすため、国内のニーズがどこにあるのかを理解しなければいけないと考えているのでしょう。日本の医療現場や薬局、ドラッグストアなど、それぞれの提供する場所によって、どのような医薬品を提供するかを判断しなければいけないと捉えているのではないでしょうか。