ノバルティスにとって必要なものとは

日本国内には、実にさまざまな製薬会社があります。本社が海外にある製薬会社の日本法人もあります。世界に支社があり、グローバル企業として知られているというノバルティスは、全世界で200以上の開発プロジェクトを展開しています。疾患領域も幅広く、がん、循環器系、呼吸器系、皮膚、眼科などの病気に対し、製薬会社の立場から患者と真剣に向き合っているといえるでしょう。世界中にノバルティスの薬を使っている人がいるといいます。自分の病気を治したい、早く元気になりたいと思っている人を、ノバルティスが開発した薬で、患者の病気を治療しているそうです。常に医療現場とお客様のために、自分達に何ができるかを考え、的確に医療現場に薬を届けているのでしょう。

ノバルティスには、優秀な人材が多く在籍しているようです。失敗を恐れず、さまざまなことにチャレンジして、会社に貢献しているという話です。常に社員同士で求められているミッションを意識しているのでしょう。そしてノバルティスだからできる科学的な根拠に基づいて、イノベーションを推進するための努力をしているのではないでしょうか。全ては薬を求めている患者のために、そして薬を必要としている医療現場に届けることを使命にしているそうです。多くの患者と共に発展し続けてきたというノバルティスは、新しいミッションを常にクリアするために、社員が一丸となって新しいイノベーションに積極的にチャレンジしているといえるのではないでしょうか。

世界中で展開しているグローバル企業だからこそ、常に各国の支社と連携をしながら、的確に必要とされている薬を患者や医療現場に届けることができるそうです。患者の病気が完治するまで、しっかりと向き合ってくれる製薬会社なのだそうです。そして、ノバルティスで扱っている薬は、疾患の症状を治すために貢献しているのだそうです。全ては患者のために、そして医療現場が発展するために、既存の薬だけでなく、現代の医学では難しいといわれている治療に必要な医薬品の開発にも、積極的に取り組んでいるといっても過言ではありません。

このようにノバルティスは、さまざまな形で医薬製品を必要としている患者や医療現場と向き合い続けてきたのだそうです。全てのお客様に満足していただけるように、自分達が何をするべきかを十分に考えているという話です。病気を完治させるために、ノバルティスとして何ができるかを真剣に考え、高いレベルで社員が一丸となり、関わる全ての患者と向き合っているのでしょう。そのために、製薬会社としてのコンプライアンスの徹底を心がけているのではないでしょうか。そして何よりも、日本の医療に貢献することを目的とし、ノバルティスが日本医療の発展に大きく関わっていきたいと考えているのでしょう。